アスタキサンチンの副作用と効果・効能

アスタキサンチンの副作用と効果・効能

アスタキサンチンの副作用と効果・効能

 

アスタキサンチンとは

 

アスタキサンチンは自然界に広く存在している天然の赤い色素で、
βカロテンと同じ仲間で、カロチノイドの一種です。

 

 

カロテノイドとは、天然に存在する色素のことで、
人などの動物の体内では合成することはできない成分です。

 

 

カロテノイドの種類は、約600種類以上と、とても多く存在しており、
色は赤や黄色、オレンジ色など様々です。

 

 

そのカロテノイドの中でも、一番強力なパワーをもつ成分が、アスタキサンチンです。

 

 

アスタキサンチンは植物由来のカロテノイドであるため、
私たち動物は、アスタキサンチンを自ら作り出すことはできません。

 

 

このアスタキサンチンは、強力な抗酸化力によるアンチエイジング効果や
活性酸素の除去による病気の予防などに効果・効能があります。

 

詳しくは、「アスタキサンチンとは」へ

 

 

アスタキサンチンと副作用

 

アスタキサンチンには、副作用はあるのでしょうか?

 

 

アスタキサンチンは、自然由来であるため安全な成分で、
基本的には食品から摂取できる成分です。

 

 

そのため、アスタキサンチンには成分由来の副作用は無いとされています。

 

 

アスタキサンチンには、成分由来の副作用はないとされていますが、
過剰摂取した場合の副作用はどうなのでしょうか。

 

 

ちなみに、アスタキサンチンの一日あたり摂取量は、2〜18mgとされています。

 

 

北海道大学で実施された研究によれば、
一日あたりアスタキサンチンを約30mg、4週間にわたって摂取した結果、
体になんらかの不調がでたというケースは無かったとされています。

 

 

つまりは、アスタキサンチンを過剰摂取した場合でも、安全性が高いということです。

 

詳しくは、「アスタキサンチンの副作用」へ

 

 

アスタキサンチンの効果・効能

 

・抗酸化作用
・眼精疲労の改善効果
・動脈硬化の予防効果
・筋肉の疲労を軽減
・ダイエット
・アンチエイジング
・シミや しわの予防
・心筋梗塞や脳硬塞の予防
・白内障の予防
・抗炎症効果、ストレス抑制
・糖尿病等生活習慣病の予防改善
・発ガン抑制効果
・善玉コレステロールの増加
・脳の萎縮予防
・不眠症の予防
・痴呆症の予防

・メラニン生成の抑制
・冷え性を改善