アスタキサンチンは動脈硬化の予防に効果的

アスタキサンチンと動脈硬化

アスタキサンチンは、動脈硬化の予防に効果が期待できます。

 

 

体中に酸素や栄養素を運ぶ
重要な役割を果たしているのが動脈といわれる血管です。

 

 

この動脈は加齢とともに弾力性が失われて硬くなったり、
動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、
血液の流れが悪くなる状態を動脈硬化といいます。

 

 

動脈硬化は、粥状(じゅくじょう)硬化、
細動脈(さいどうみゃく)硬化、中膜(ちゅうまく)硬化の3種類に分類されます。

 

 

中でも一番の多い動脈硬化は、粥状硬化といわれます。

 

 

粥状硬化は、大動脈、脳動脈、冠動脈など
比較的太い動脈に起こる動脈硬化です。

 

 

これは、動脈の内側に悪玉コレステロールなどの脂肪からなる
アテロームといわれる粥腫(じゅくしゅ)ができて堆積することで動脈の内側が狭くなります。

 

 

これがが破れると血栓の原因となり、
結果として動脈は完全にふさがります。

 

 

いわゆる、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

 

アテロームのもとになる悪玉コレステロールは、
動物性脂肪に多く含まれています。

 

 

中性脂肪も動脈硬化を促すといわれ、
糖分やアルコールの摂取などが原因です。

 

 

アスタキサンチンには強い抗酸化力があり、
体内の活性酸素を除去する効果があります。

 

 

また、アスタキサンチンは脂と相性がいい為、
LDL(悪玉コレステロール)の酸化を防ぐ効果があり、
「過酸化脂質」の増加を抑えます。

 

 

この過酸化脂質は、活性酸素と悪玉コレステロールがくっつくとできます。

 

 

過酸化脂質は血管にくっつきやすく、血管を狭くするため、
動脈硬化を招き、高血圧や脳卒中、心筋梗塞の原因になります。

 

 

アスタキサンチンはこの過酸化脂質の原因となる
活性酸素の除去をするため、過酸化脂質の増加を防ぎ、
動脈硬化を予防します。

 

 

また、アスタキサンチンは、
血管に付着した過酸化質を剥ぎ取る効果もあるので
アテロームの体積の改善が期待されます。

 

 

動脈硬化が心配な方は、アスタキサンチンの摂取をオススメします。