アスタキサンチンの天然型と合成型って違うの?

アスタキサンチンの天然型と合成型

アスタキサンチンには天然型合成型があります。

 

◆天然アスタキサンチン

 

天然型のアスタキサンチンとは、カロテノイドの一種で、
エビやカニなどの甲殻類や、鮭、イクラ、鯛など、主に海の生物に多く含まれる成分です。

 

アスタキサンチンは赤色の色素ですので、
エビやカニの身や殻、イクラや鮭の身、鯛の皮の赤い色もこの影響です。

 

 

しかし、これらの生物も
アスタキサンチンを体内で生合成することができません。

 

 

アスタキサンチンは、主にヘマトコッカスという単細胞の藻類により生産されます。

 

 

ヘマトコッカス藻は、緑藻網で、
ヘマトコッカス科ミドモナス目に属している単細胞の植物プランクトンです。

 

 

最も高濃度にアスタキサンチンを生合成して
体内に蓄積することができる生体を持っています。

 

 

ヘマトコッカス藻は、普段は緑色をしていますが
紫外線を浴びるとアスタキサンチンを合成して赤くなります。

 

 

アスタキサンチンは、ヘマトコッカスから生産され、
それをオキアミなどの動物プランクトンが食べ、さらにエビ、カニ、魚類、というように
食物連鎖によってさまざまな生物の体に取り込まれています。

 

 

そのため、アスタキサンチンは自然界に広く分布しています。

 

 

その天然のアスタキサンチンは、抗酸化力に優れていて、
抗酸化系の成分ではピカイチの強さを持っているのです。

 

 

また、天然の成分であるため、安全性も高い成分です。

 

 

◆合成型のアスタキサンチン

 

合成型のアスタキサンチンは、
石油由来で生成されたものです。

 

 

ちなみに効果自体は、
天然型のアスタキサンチンと変わりません。

 

 

しかし、肝心の抗酸化力が
合成型は天然型に比べて、約30%ほどの抗酸化力といわれます。

 

 

しかし、合成型のアスタキサンチンでも
意外と高いのが微妙なところです。

 

 

アスタキサンチンのサプリメントを選ぶときには、
添加されているアスタキサンチンの成分を確認しましょう。