アスタキサンチンは認知症の予防に最適

アスタキサンチンと認知症

アスタキサンチンは、認知症の予防にも効果を期待できます。

 

 

認知症にはいくつかの種類があります。

 

・アルツハイマー型認知症
・脳血管型認知症
・レビー小体型認知症
・前頭側頭型認知症

 

 

一般的になる認知症のうちの約50〜70%はアルツハイマー型認知症が原因で、
約10〜20%は脳血管型認知症によるものとされています。

 

 

認知症の症状は、中核症状と呼ばれる症状と、
本人の性格や周辺環境などが加わって起こる周辺症状があります。

 

 

中核症状とは、脳の神経細胞の破壊によって起こる症状で、
代表的な症状は多くに見られる記憶障害です。、

 

この記憶障害は、直前に起きたことの記憶が脳に定着せず、
そのため、すぐに起こったことを忘れるような症状が特徴です。

 

 

一方、古い過去の記憶はよく残りますが、
症状の進行とともに、それらも忘れてしまいます。

 

 

また、判断力の低下、時間や場所、
名前などが分からなくなる見当識障害などがあります。

 

 

周辺症状は、妄想、幻覚、暴力、徘徊などの精神症状が現れます。

 

 

また同時に、うつや不安感、無気力といった感情障害が起こります。

 

 

これらの認知症の原因の一つに
活性酸素が深く関わっているといわれています。

 

 

活性酸素は、細胞を酸化(老化)させる物質で、
これが脳に多く存在すると、脳を酸化(老化)させてしまいます。

 

 

活性酸素で脳の酸化すると、
脳細胞が壊死し認知症の原因となります。

 

 

人間の細胞は活性酸素の負けやすく、
中でも脳細胞は特に弱い細胞のひとつなのです。

 

 

脳は毎日過酷な状況にある為、
活性酸素の発生量も増えやすい状態にあります。

 

 

この活性酸素による脳細胞の酸化が、
脳の老化による萎縮や、脳細胞の壊死の原因となります。

 

 

脳細胞は他の臓器と違い、新しい細胞は再生しません。

 

 

そのため、脳細胞の保護のために、アスタキサンチンが有効なのです

 

 

アスタキサンチンは、抗酸化物質の中で
唯一「血液脳関門」を通過することができ、
脳神経系に作用できる抗酸化物質です。

 

 

そして、脳内の活性酸素を除去し、脳細胞の酸化を抑えてくれます。

 

 

その結果、脳を若く保つことができ、認知症の予防につながるのです。