アスタキサンチンてなに?

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは自然界に広く存在している天然の赤い色素で、
βカロテンと同じ仲間で、カロチノイドの一種です。

 

 

カロテノイドとは、天然に存在する色素のことで、
人などの動物のの体内では合成することはできない成分です。

 

 

カロテノイドの種類は、約600種類以上ととても多く存在しており、
色は赤や黄色、オレンジ色など様々です。

 

 

カロテノイドには、アスタキサンチン、リコピン、
ルテイン、β-カロテン、ゼアキサンチンなどがあります。

 

 

中でも、トマトのリコピンや人参のβカロテンなどは
活性酸素を消去してくれる抗酸化作用のある成分です。

 

 

抗酸化作用はアンチエイジングなど
老化を遅らせて若々しくしてくれる成分として人気です。

 

 

そのカロテノイドの中でも、
一番強力なパワーをもつ成分が、アスタキサンチンなのです。

 

 

アスタキサンチンは植物由来のカロテノイドであるため、
私たち動物は、アスタキサンチンを自ら作り出すことはできません。

 

 

アスタキサンチンは、ヘマトコッカスから生産され、
それをオキアミなどの動物プランクトンが食べ、さらにエビ、カニ、魚類、というように
食物連鎖によってさまざまな生物の体に取り込まれています。

 

 

そのため、アスタキサンチンは自然界に広く分布しており、
サケやイクラ、カニ、エビ、マダイなど赤い食べ物に多く含まれています。

 

 

このアスタキサンチンは、強力な抗酸化力によるアンチエイジング効果や
活性酸素の除去による病気の予防などに効果があります。

 

 

そのため、健康成分として人気があり、
サプリメントや化粧品などに利用されています。

 

 

中でも、アスタキサンチンの一番の効果は、
強い抗酸化力によって活性酸素を除去することです。

 

 

活性酸素とは、体内に存在しており、
細菌やウイルスを除去してくれる働きがあります。

 

 

しかし、不規則な生活やストレス、
喫煙や放射線の影響で体内に過剰に発生します。

 

 

そうすると、活性酸素は細胞を傷つけて、
生活習慣病や老化の原因になります。

 

 

抗酸化力がある成分には、ビタミンEやβカロテンなど色々あります。

 

 

アスタキサンチンの抗酸化力は、
βカロテンの約100倍、ビタミンEの約1000倍もあります。

 

 

アスタキサンチンの効果は、強力な抗酸化力以外にも色々あります。

 

 

アスタキサンチンの効果は、すべてが解明されていませんが、
これからの我々の体には重要な成分といえるでしょう。