アスタキサンチンの効果・効能

アスタキサンチンの効果・効能

アスタキサンチン効果効能は様々です。

 

◆アスタキサンチンの抗酸化作用
アスタキサンチンの効果・効能としては、特に強い抗酸化力が特徴です。

 

アスタキサンチンの抗酸化力の比較です。
・β-カロテンの約100倍
・コエンザイムQ10の約150倍
・ビタミンEの約1,000倍

 

アスタキサンチンは、活性酸素の中でも、とくに「一重項酸素 」 を除去してくれます。

 

そうすると、活性酸素による老化を防いでくれるため、
シミやシワの予防などの美肌の効能も期待できます。

 

 

◆アスタキサンチンの眼精疲労の改善効果
また、アスタキサンチンは、血液網膜関門を通過できる
唯一の抗酸化成分であり、目にも高い抗酸化力を発揮してくれるます。

 

そのため、眼精疲労の改善が期待できます。

 

眼精疲労の症状の改善には
アスタキサンチンを一日あたり、約6mg摂取する必要があります。

 

 

◆アスタキサンチンの動脈硬化の予防効果
動脈硬化とは、活性酸素により酸化した悪玉コレステロール、
いわゆる過酸化脂質が、血管壁に沈着し血管が硬くなってしまう状態のことです。

 

アスタキサンチンは、その脂質の酸化を抑えてくれます。

 

また、アスタキサンチンは活性酸素そのものを除去してくれるため、
動脈硬化の原因の一つを解消してくれます。

 

 

◆アスタキサンチンの筋肉の疲労を軽減効果
アスタキサンチンは、筋組織における末梢性疲労を軽減することがわかっています。

 

また、アスタキサンチンは筋肉中の疲労物質である、乳酸の生成を抑制します。

 

その他、アスタキサンチンは筋肉の筋損傷を軽減する効果もあります。

 

 

◆アスタキサンチンのそのほかの効果・効能
アスタキサンチンは、血液と脳との間にある血液脳関門や、
血液網膜関門を通過できる唯一の抗酸化成分であり、
目や脳の老化防止効果が期待されています。

 

 

また、アスタキサンチンはダイエット補助効果があり、
カフェインカルニチンとあわせて摂取すると、さらなる脂肪燃焼効果があります。

 

そのほかのアスタキサンチンの効果・効能を以下にまとめてみます。

 

・アンチエイジング
・シミや しわの予防
・心筋梗塞や脳硬塞の予防
・白内障の予防
・抗炎症効果、ストレス抑制
・糖尿病等生活習慣病の予防改善
・発ガン抑制効果
・善玉コレステロールの増加
・脳の萎縮予防
・不眠症の予防
・痴呆症の予防
・メラニン生成の抑制
・冷え性を改善