アスタキサンチンとサプリ

アスタキサンチンとサプリ

アスタキサンチンは、サプリのなかでも大人気です。

 

 

なぜなら、アスタキサンチンは強力な抗酸化作用があり、
美容だけでなく、健康にも役立つ力を持っているからです。

 

 

アスタキサンチンはサプリとして製品化することが難しく、
高価なため、最近まであまり知られていませんでした。

 

 

ところが近年、アスタキサンチンのサプリが安価で製品化できるようになり、
若い年代からお年寄りまで非常に人気が出てきました。

 

 

アスタキサンチンは、特に摂取量の上限は定められていませんが、
一日あたりの摂取量は、2〜18mgと幅があります。

 

 

ちなみに、アスタキサンチンを食品から十分に摂取するならば、
紅鮭だと約2〜3切れ程度、イクラでは約300〜400g程度、
海老では約8〜10尾くらい食べる必要があります。

 

 

毎日は無理です。

 

 

そのため、アスタキサンチンはサプリで摂取する必要があります。

 

 

アスタキサンチンのサプリには様々なタイプがあります。

 

 

カプセル型、錠剤型、液体型や化粧品なども肌にとってのサプリです。

 

 

また、アスタキサンチンの一日量として、
最低限において約2〜6mgを摂取できるサプリを選びましょう。

 

 

また、サプリメントの選び方も大事なポイントです。

 

 

いくら、アスタキサンチンが多く入っていても
サプリメント自体の品質が悪ければ意味がありません。

 

 

以下のポイントがサプリメントの選び方です。

 

◆添加物の有無
毎日摂取する物なので、添加物を使っていないサプリを選びたいものです。

 

添加物は、主に製造効率の向上や精製過程、
製品の見栄えの為に使用され、本来は不要なものです。

 

一般的にサプリメントでよく使われる添加物は、グリセリン、
グリセリン脂肪酸エステル、二酸化ケイ素 ショ糖脂肪酸エステル、
酸化チタン、乳化剤、増粘剤、微結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、
ミツロウ、食用油脂、加工でんぷん、カラメル色素などです。

 

これ以外にも、たくさんあります。

 

国産のサプリメントであれば、添加物は厚生労働省が
認可しているものが使用されているため、そんなに意識しなくても良いと思います。

 

ただ、本来不必要なため、出来る限り添加物が使用されていないサプリがいいです。

 

 

◆使用されている素材
たとえ同じ栄養素のサプリメントを摂取しても、素材の種類によって効果が変わります。

 

一般的なのは合成素材か天然素材かです。

 

特に合成素材は安価に大量生産できる為、多くのメーカーが使用しています。

 

格安でドラックストから購入できるタイプの殆どが合成素材です。

 

特にアスタキサンチンにおいては、
合成素材よりも天然素材の方が効果的ともいわれます。

 

 

◆含有量
サプリメントを選ぶ際、価格と個数については確認している方は多いかと思います。

 

しかし、それだけでは損をしてしまう可能性があります。

 

実際のところ、一個あたりの価格ではなく、
一個にどれくらいの含有量があるのかを確認しましょう。

 

つまり、一個あたりの価格ではなく、
1mgあたりの価格を確認しなければなりません

 

 

以上を踏まえて、アスタキサンチンのサプリを選んでみましょう。