アスタキサンチンは糖尿病の予防に効果的

アスタキサンチンと糖尿病

アスタキサンチンは、糖尿病のにも効果が期待できます。

 

 

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため
血液中の糖分が処理できない結果、血糖値が高くなっている状態のことです。

 

 

 

放置すると全身にさまざまな影響が出て、
色んな合併症の原因になります。

 

 

糖尿病は、その原因により4つのタイプに分けられます。

 

 

◆1型糖尿病
すい臓の機能が何らかの原因で低下し、
その結果、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。

 

子どもや若年者に多くみられます。

 

 

◆2型糖尿病
インスリン自体の分泌量が少なくなったり、
インスリンの働きが悪くなるために起こる糖尿病で、
おもに中高年以降にみられます。

 

しかし、最近では若年者の発症も増加しており、
日本の糖尿病の約95%が2型糖尿病とされています。

 

2型糖尿病は、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣や
加齢といった要因が加わり、発症するとされています。

 

このため、2型糖尿病は生活習慣病ともいわれるのです。

 

 

◆特定の原因による糖尿病
遺伝子の異常によるもの、
疾患や処方箋の薬剤の副作用に伴って起こる糖尿病です。

 

 

◆妊娠糖尿病
妊娠中に発症しやすく、糖尿病に至っていない糖代謝異常のことです。

 

妊娠中は、わずかな血糖値の上昇でも
胎児に影響を与えるため、糖尿病ではなくても「妊娠糖尿病」と呼びます。

 

妊娠中に胎盤が作るホルモンが、
インスリンの働きを抑える作用もあるため、血糖が上昇します。

 

 

このように、糖尿病は様々な種類がありますが、
何よりも怖いのが糖尿病の合併症です。

 

 

これらの糖尿病の合併症は心臓病や、血管障害、
動脈硬化、腎臓病、網膜症、神経障害などがあります。

 

 

糖尿病には、実は活性酸素が影響があり、
糖尿病になると「糖化タンパク」と言う物質が増えます。

 

 

その糖化タンパクは大量の活性酸素を発生させると動脈硬化など、
合併症を起こす原因になっています。

 

 

アスタキサンチンは、糖化タンパクが原因の活性酸素の増加を食い止めます。

 

 

すると、活性酸素が関わっている
糖尿病の合併症を防ぐことができます。

 

 

つまり、アスタキサンチンを摂取すると、
糖尿病の合併症の予防の効果が期待されるのです。

 

 

そのため、糖尿病の方は
食事にアスタキサンチンをプラスしてみましょう。