アスタキサンチンの化粧品で若返り

アスタキサンチンと化粧品

アスタキサンチン配合の化粧品は、アンチエイジング効果が期待できます。

 

 

アスタキサンチンの抗酸化力は、
肌の老化を予防するのでシミ、シワ、くすみ、たるみなど、
あらゆる肌の悩みに対処できます。

 

 

また、アスタキサンチンの化粧品は
紫外線によるメラニンの生成の抑え、色素沈着を防いでくれます。

 

 

アスタキサンチンの化粧品の選び方にもポイントがあります。

 

 

できるだけ、原材料表示の上部に表示される製品を選びましょう。

 

 

原材料表示は配合量が多い順に表記されているので、
上部にあればあるほど多く配合されています。

 

 

アスタキサンチンには、かゆみや炎症を抑える効果もあるので
アトピーの方の化粧品としてもよいでしょう。

 

 

また、アスタキサンチン化粧品といっても、どんな方にでも合うとは限りません。

 

 

ここで、基礎化粧品の選び方もみてみましょう。

 

◆選び方@肌質チェック
化粧品を選ぶ際、最も重要なのが、
自分の肌質にあった化粧品を選ぶことです。

 

肌質は、「水分量」と「油分量」のバランスによって4つに分かれます。

 

・乾燥肌→カサカサしてツッパリがある(水分と油分が共に少ない肌)
・脂性肌→皮脂が浮いて、べたべたする(水分と油分が共に多いオイリー肌)
・混合肌→皮脂がべたつく部分とカサつく部分が混在(水分が少なく、油分が多い肌)
・普通肌→べたつきもカサつきも少ない(水分が多く、油分が少ない理想の肌)

 

 

◆選び方A肌質に合わせて選ぶ
肌質にあわせた化粧品を選ぶことによって
トラブルのない美肌を実現することが可能です。

 

(乾燥肌)
この場合は保湿成分を多く含む化粧品で、
アルコールなどの刺激を成分が含まれていないものを選びましょう。

 

保湿成分としては、セラミド、ヒアルロン酸、ステアリン酸コレステロール、
コラーゲン、天然保湿因子(NMF)などです。

 

(脂性肌)
過剰な皮脂分泌を抑えるために
「ビタミンC誘導体」配合の化粧品を選びましょう。

 

また、効果的な保湿を行うために
セラミド入りの保湿美容液も必要です。

 

(混合肌)
脂性肌と同じく、過剰な皮脂分泌を抑えるために
「ビタミンC誘導体」配合の化粧品を選びましょう。

 

また、効果的な保湿を行うために
セラミド入りの保湿美容液も必要です。

 

 

◆選び方A継続できる価格か
化粧品は、長く使って効果を実感できます。

 

できるだけ、続けやすい価格帯のものを選びましょう。

 

 

◆国産の化粧品を
海外の輸入品は安く購入しやすいですが、
残念ながら、日本人の肌に合わせて製造していません。

 

外人の肌質は、日本人の肌質と異なりますので、
日本人の肌質に合わせたモノが必要なのです。

 

海外製品だと国産に比べて特定の成分が高濃度だったり、
日本で認可されていない成分も配合されている可能性があります。

 

日本人の繊細な肌質には、
国産の化粧品を選ぶようにしましょう。