アスタキサンチンと美白・美肌

アスタキサンチンと美白・美肌

アスタキサンチンは、美白美肌にも効果が期待できます。

 

 

美白や美肌の大きな敵は、様々な原因による肌の老化です。

 

 

年齢を重ねると体力が落ちてくるように、肌もさまざまな機能が低下していきます。

 

 

◆紫外線
たった数分間浴びただけでも肌にダメージを与えます。

 

しかも、それが長年続くと、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。

 

紫外線は皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけ、
皮膚の免疫力も低下させてしまいます。

 

(紫外線の影響)
・肌が乾燥
・ほくろやソバカスが増える
・敏感肌
・シミ、しわ
・吹き出物が悪化する
・皮膚がんのリスク
・白内障のリスクを高める
・免疫力がダウンする
・髪を傷める

 

 

◆皮膚の乾燥
赤ちゃんの時には80%くらいあった真皮の水分量は、
20歳をピークに徐々に減少し、 肌の潤いが低下していきます。

 

これは潤いを保つヒアルロン酸などの保湿成分が、
年齢とともに減少していくのが主な原因です。

 

皮膚の乾燥が進むと、角質層の表面がはがれやすくなり、
表皮の水分が蒸発します。

 

すると、表皮はさらに薄く硬くなり、小じわの原因となります。

 

 

◆酸化
体内に取り込まれた酸素は、
一部、活性化して活性酸素に変化します。

 

活性酸素は細胞を酸化させてダメージを与え、、
真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせます。

 

活性酸素を発生しやすくする要因として、
紫外線、タバコ、ストレス、生活習慣、添加物の多い食生活などです。

 

 

◆ホルモンバランス
一般的に女性が50歳を過ぎると、女性ホルモン(エストロゲン)が低下し、
肌細胞を作り出す力が衰え、皮膚自体が段々と薄くなってきます。

 

肌が薄くなると炎症が起きやすく、 感染症にかかりやすくなります。

 

また、女性ホルモンが減少すると、コラーゲンの分泌量や新陳代謝も低下します。

 

それに伴い、皮脂腺の活動も鈍くなり、肌の乾燥や肌のたるみが生じてきます。

 

 

このように肌の老化によって、美肌・美肌とは程遠い状況になってしまいます。

 

 

肌の老化には、様々な原因がありますが、美白・美肌の一番の敵は紫外線です。

 

 

この紫外線を大量に浴びると、人間の皮膚で活性酸素が発生しまいます。

 

 

この紫外線によって、一重項酸素ととよばれる、
毒性が一番強い活性酸素が発生します。

 

 

これが皮膚の細胞を強力に酸化させ、急速に老化を早めてしまいます。

 

 

そうすると、メラニン色素の沈着がしやすくなり
肌の代謝機能が低下して肌トラブルが多くなります。

 

 

アスタキサンチンは、一重項酸素さえも除去するので、
老化によるシミ、シワ、くすみを予防します。

 

 

また、美白・美肌効果も非常に高く、メラニン色素の生成を抑えてくれます。

 

 

また、アスタキサンチンは、コラーゲンの生成を助け、皮膚再生を促進します。

 

 

また、アスタキサンチンとビタミンCを併用すると、
美白・美肌の相乗効果が期待できます。